春の兆し


暖かくなると
まずブナの根元の雪が
まっさきに融けていきます。
木の根元の温度が高いのでしょうね
あちこちに
ブナの根元の雪融けの穴が見られるようになると
春はもうすぐです

63春の兆し


ゼンザブロニカS2・150mm・SL・EPR・1/250・F8
マチガ沢付近から対岸の林を撮影

スポンサーサイト



明ける谷川岳


60明ける谷川岳

山と渓谷社のアルパインカレンダーに掲載された写真です。

マミヤ645プロ・ズーム55~110mm・SL・ベルビア50・1/15・F22


冬の一ノ倉沢の撮影


非難小屋にテントを張って、一ノ倉沢で撮影をしました。
最近、非難小屋にいってみると、昔テントを張っていた床は抜けて、あちこち酷いカビで
とても泊まれる状態ではなかったです。

72撮影風景


谷川岳は天気が変わりやすいですね。

73.jpg

76.jpg

夕方の撮影です。

77.jpg

マミヤ645プロ・ズーム105mm~210mm・SL・ベルビア100・1/8・F16

一ノ倉沢暮色

78.jpg

マミヤ645プロ・ズーム55~110mm・SL・ベルビア・4秒露光・F32

朝焼けの一の倉沢

80.jpg

マミヤ645プロ・ズーム55~110mm・SL・ベルビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
標高は2,000mにも満たないが、険しい岩壁と複雑な地形、変化の激しい気候であり、
一ノ倉沢を始めロック・クライミングのメッカでもある。そのため遭難者の数も群を
抜いて多い。昭和6年(1931年)から統計が開始された谷川岳遭難事故記録によると、
2012年(平成24年)までに805名の死者が出ている。ちなみに、世界各国の
8000メートル峰14座の死者を合計しても637名であり、この飛び抜けた数は
日本のみならず「世界の山のワースト記録」としてギネス世界記録に記載されている。
こうしたところから、谷川岳は「魔の山」「人喰い山」「死の山」とも呼ばれる。
遭難の防止のために群馬県谷川岳遭難防止条例が制定されている。









ホワイトアウトの下山

71冬の指導票

 ある年の正月1月2日、ホワイトアウトの天気のときに下山した。

 3日に成人式の写真撮影の予約が入っていたので、どうしても2日に下りる必要があった

 ためだ。

 今のようにGPSが無いときの話です。

 暮の29日に天神尾根から登り、暗くなってからようやく谷川岳肩ノ小屋に着いた。

 それから、ずっと天気は荒れ模様で登山者は誰一人登って来なかった。

 積雪は1mを超え、登るときにはあったフラッグ(紅い布などを付けた竹の標識)は

 完全に雪に埋まり、どこが下山路かわからない状態であった。

 肩ノ小屋を出て、10mぐらいの距離で乳白色のガスに覆われ、もう小屋が見えない。

 正直に言って、下りられる自信はなく、五分五分ぐらいだったと思う。

 小屋から出て西黒尾根に向かい、途中で90度曲がって北の方向に進むのが天神尾根だが、

 その曲がるところが、小屋から自分の歩数を数え、たぶんこの位置だろうと思うところで

 下りたが、どうも自信がない。周りは濃い乳白色のホワイトアウトで何も見えない。

 ふと、上部に黒っぽいものが見え、あれはなんだろうと思い、ザックを置いて、登り返した。

 それは大きな岩で、西黒尾根への標識があり、それでようやく位置がつかめた。

 そこから90度直角に曲がり、磁石の示す北の方向にひたすら下るだけである。

 これだけ濃いホワイトアウトだと、どこが雪面でガスなのかわかりずらく、

 空中の中を歩いているような錯覚がした。

 下りる途中で、方向を確認するために磁石の向きを変えて、

 歩いているのが間違いなく北の方角なのか確認する。

 これが、結構磁石の針がブレルのだ。

 内心「おいおい、磁石さん、しっかりしてくれよ。お前さんだけが頼りなんだから」

 と思ってしまった。

 なんとか迷わずに、ざんげ岩という大岩にたどり着き一安心。

 過去に、あまりにも遭難多発があったケースです。

 左右、どちらの沢すじに間違えて下山した場合、

 まず雪崩にやられた可能性が高いでしょう。

 熊穴の避難小屋の近くまで来ると、それまでの悪天が嘘のように晴れてしまった。

 今日の夕方はきれいな夕焼けになるだろうな、と思うがしかたない。

 今回は1枚も写真が撮れなかった。

 雪の上を見ると、白い野うさぎが4~5匹、ピョンピョンと駆け回っていました。

 こんなに多くの野うさぎを見たのは初めてです。



 マミヤ645プロ・ズーム55~110mm・SL・ベルビア50・AE・F11

明ける川棚の頭

70川棚の頭

 朝方、

 風が強く吹き出し、

 今まで、

 山を覆っていた

 雲を

 吹き飛ばして

 くれた。


 
 肩から、明ける川棚ノ頭を撮影
 マミヤ645プロ・ズーム55~110mm・SL・F32・AE